保湿 大豆レシチン






保湿成分大豆レシチンの保湿効果について

大豆レシチン

保湿成分として配合されてる水素添加大豆レシチンは、レシチン単独で酸化しやすいという弱点がありますが、その弱点を補うために水素を添加し、酸化しにくくした成分のことです。

そして、大豆レシチンは、天然由来成分で特徴として、保水力や保湿力が的高く、浸透性に優れた性質を持ち、服用すると血液をサラサラにする効果もあることから、サプリメントの主成分としても使われていることで、ご存知の方も覆いのではないでしょうか?

このように、身体機能を整える色々な成分が抽出されますが、そのまま食品として食べても、保湿ケアやエイジングケアを助ける効果があります。

保湿ケアやエイジングケアを助ける食べ物

保湿成分として大豆レシチンが必要になる時期

30代以降からの保湿ケアでは、エイジングも視野に入れて、保湿力の高いスキンケア化粧品を使う方が良いとされています。

理由として、敏感肌乾燥肌、または、混合肌などでない人も、年齢と共にターンオーバーのサイクルが長くなり、肌の乾燥が進んでいくからです。

エイジングケアを左右する肌のターンオーバー

セラミドと並んで高品質保湿成分が水素添加大豆レシチンですが、肌の保水効果、保湿効果が高いだけでなく、バリア機能の強化など肌のコンディションを整えるという効果もあります。

保湿ケアは肌表面だけの保湿ではなく肌内部の保湿が重要

同じように肌の保湿効果が高いと言われる成分にヒアルロン酸コラーゲンなどありますが、美容業界の方の意見の多くは、表皮からの肌の水分蒸発は、しっかり防ぐことは可能だけど、ただ、それだけで皮膚の内部にまで潤うということはないと言われています。

そのため、肌が潤っているように見えるだけでは、肌の角質層にまで潤い成分が届かないと、本当に肌が潤って保湿ケアやエイジングケアの効果が出ているとは言えません。

ヒアルロン酸やコラーゲンが主成分として配合されてる化粧品は、リーズナブル価格で薬局やドラッグストアなどでも、比較的に手に入りやすいスキンケア化粧品です。

また、水素添加レシチンの用途は、原料が大豆や卵黄で構成され化粧品の保湿成分以外にも、ダイエット便秘解消サプリメントの主成分としても数多く使われ、健康を維持していくのに大切な成分です。

保湿成分大豆レシチンの保湿効果と作用

そして、水素添加大豆レシチンは、保水力や保湿力に優れた性質があって、セラミドと同様に化粧品の保湿成分として、細胞間同士のクッション剤のような役割をしています。

原料が天然のもので使われていますが、界面活性剤としても使われていますが、敏感肌の人や卵アレルギー体質の人は避けた方が良いとも言えます。

スキンケア化粧品の化粧水、乳液、クリームなど色々と幅広く使われていますが、食品業界や化粧品業界だけに限らず、毒性や副作用か少なくて安全性が高い成分なので、医薬品業界でも使われています。

大豆レシチンが主成分の保湿・エイジング化粧品を試してみた体験談はこちら



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ