保湿 コラーゲン






保湿成分コラーゲンの保湿効果について

美容効果が高いことで知られるコラーゲンは、本来タンパク質の1つですが、全タンパク質の30%を占める量があり、人の皮膚の真皮層や髪の毛・骨など関節にも含まれています。

また、ゼラチンの主成分として化粧品に使われてるだけでなく、医薬品にも使われています。

皮膚の構成では真皮層の細胞と細胞の間に繊維状にあり、肌の約70%が水分であることから、コラーゲンが失われると肌のハリはなくなり、シワやたるみの原因になってしまいます。

そのため、最近ではヒアルロン酸と同様に、肌に直接注入(注射)することで補う方法も利用されています。

それ以外でも、脱毛エステやサロンの施術前後に使うローションやジェルに含まれていたり、フェイシャル(美顔)効果のある顔脱毛などには、コラーゲン生成を促進する効果があると言われています。

コラーゲンの減少と多く含んだ食べ物

コラーゲンは加齢や紫外線により減少が続き、40歳代以降になるとコラーゲンの量半分以下に減ると言われています。 

何より、若さと健康を保つのに必要な栄養素で、コラーゲンが減少すると肌の新陳代謝であるターンオーバーが衰え、老化が始まるので、積極的にコラーゲンを補給することが大事です。

このように、積極的なコラーゲン摂取を心がけることで、肌のターンオーバーが活発になり、その結果として、肌にハリやツヤを与えるエイジング効果として表れます。

エイジングケアを左右する肌のターンオーバー

コラーゲンのフカヒレ

このように、美肌のためだけでなく、健康のためにもコラーゲンが必要不可欠となっています。

また、毎日の食事からもコラーゲンを取ることが出来ます。

コラーゲンが多く含まれてる食品で代表的な物は、フカヒレ、うなぎ、鶏の皮、手羽さき、なす、サザエ、豚足、牛すじ・牛テールなどがあげられます。

また、レストランなどでもコラーゲン鍋がありますが、コラーゲン補給に効果があります。

美肌を作るために必要なコラーゲン摂取量

コラーゲンは人の体で美容や健康に大切な成分ですが、20歳を過ぎて年齢を重ねるにつれて、1日に2g減っていくので、1日に必要な摂取量が3~10g、平均約5g、美肌を作るために、最低10gは必要です。

実際は目安量よりも多目にとるようにすると効果があります。

ちなみにですが、うなぎには7gも含まれています。

しかし、単発的にコラーゲン鍋など食べ、一度に大量のコラーゲンを摂取したからとしても、すぐに美肌効果が出る訳ではありません。

大切なのは、日々、コラーゲンの摂取量10g以上を継続していくことです。

コラーゲンの摂取効果を高めるには?

そのために、毎日の食事やサプリメント、ドリンク剤、スキンケア商品などを組み合わせて、上手に取り入れましょう。

芸能人利用者も多い人気のコラーゲンサプリ

しかし、コラーゲンを必要量摂取したからと、摂取した全てが体内に吸収されるわけでなく、体外に排出される量もあります。

そのため、コラーゲンの吸収率を高める成分を含んだ食品と一緒に摂ると良いです。

コラーゲンの吸収率を高める成分はビタミンCですので、果物や野菜などビタミンCを含んだ食品と一緒に摂ると、吸収率が高まりコラーゲン効果が高まります。

ビタミンCは、色々な食品の栄養分とも相性が良く、栄養分の吸収効果を高めるだけでなく、ビタミンC自体も健康や美容、そして、エイジングケアに欠かせない成分なので、ビタミンCとコラーゲンの相乗効果にも期待できます。

コラーゲンやビタミンCなど含んだ食品摂取で体の中から、そして、コラーゲンが配合されたスキンケア化粧品の利用で体の外から、こうして体の内外でコラーゲン補給を行なうことで、お肌の保湿ケアやエイジングケアの効果が高まることに期待ができます。

コラーゲンサポートの保湿・エイジングケア化粧品のお試し品リストなど



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ