冬の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア | 敏感肌・乾燥肌・インナードライ肌に負けない保湿化粧品の保湿ケア






冬の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア

冬の乾燥

お肌が敏感肌乾燥肌の方にとって、一年の中でも最も過酷な季節となるのが冬です。

冬は気温と湿度が下がることで皮脂の分泌量が減って、暖房を入ている室内も湿度が低下しやすいためです。

全体的に皮脂が分泌される量は夏が最も多いのですが、冬になると、その半分以下にまで減ってしまいます。

普段、分泌される皮脂には、お肌の水分が蒸発するのを防いで潤いを保ち、紫外線や乾燥した空気からお肌を保護するバリア機能としての役割があります。

しかし、その皮脂が減ってしまうことでバリア機能が低下してしまい、お肌は潤いを保てず、表面角質層の並びが乱れることで、お肌がカサカサでメイクのノリが悪くなってしまったり、外からの刺激に敏感に反応してしまうのです。

敏感肌の赤みやピリピリを防ぐバリア機能

厳しい冬を乗り切る為の効果的な保湿ケア

また、冬はかなり気温が下がるので、身体の冷えに関する冷え性や便秘の方が急増しますが、これは、毛細血管が収縮して血液の流れが悪くなるためです。

お肌の隅々に酸素と栄養を届けて、老廃物を回収する働きを持った血液の流れが悪くなると、細胞が酸欠・栄養不足の状態になり、肌の新陳代謝であるターンオーバーが滞ります。

その結果、ターンオーバーの遅くなったお肌は、古くなった角質がいつまでも居座り続けて、メラニンを含む細胞がなかなか排出されず、これが数年後にはシミやくすみとなって肌表面に表れます。

メラニン色素を押し出す肌のターンオーバー

そういった冬の肌トラブルを防ぐには、やはり保湿ケアが重要で、お肌に保湿成分を効率良く届けるためには、その前の洗顔にも気を配りましょう。

洗顔料をしっかりと泡だててから、泡をお肌の上で転がすように、素早くやさしく洗って顔も身体も、決してゴシゴシとこすって洗ってはいけません。

保湿ケアでローションを効果的に浸透させる

顔にローション

洗顔の方が終わったら時間を置かずに、すぐにローションでの保水を開始して、顔の全体にローションをなじませるように指の腹を使って細かい部分まで丁寧に重ねづけします。

この時は、なるべくコットンは使わず手の温度でローションを温めてつける方が、肌表面に負担を掛けずお肌への浸透も良くなります。

また、寒さや空気乾燥でお肌の疲れを感じるような日は、コットンにローションを含ませてお肌に乗せておくパックでのスペシャルケアも乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめです。

ローションパックを行う際には、時間を置きすぎてコットンが乾いてしまうことのないように注意してください。

そして、ローションでのケアが終わって、乳液やクリームを付ける時は、下から上に向かって力を入れずになでるように伸ばしていきましょう。

ほかにも乾燥の気になる部分には、手の平で包み込むように重ねづけしていってください。

また、冬場の保湿ケアは化粧品ケアだけでなくお肌が乾燥しないような環境作りも大切です。

ほかにも、寒さを防ぐためのエアコンの暖房も、お肌を乾燥させるので事前対策が必要です。

エアコンの冷暖房によるお肌の乾燥とダメージ

人の多く集まる学校やオフィスでは難しいですが、自宅に居る時には加湿器などを利用して、室内の湿度を高めることも冬の肌乾燥を防ぐケアとしては効果的です。

30秒で確認できる目的・肌質別オススメの保湿化粧品(お試し品)診断



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ