妊娠中の肌荒れを解消する保湿ケア






妊娠中の肌荒れを解消する保湿化粧品ケア

妊娠中の肌荒れ

妊娠中に肌トラブルが起きてきたり、今までとは違う肌状態になるのは当然のことです。

特に、妊娠中は流産予防として、子宮の緊縮を調整する働きのプロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に分泌されるために、身体的にも、その影響を大きく受けます。

この、プロゲステロン(黄体ホルモン)は毎月の月経(生理)で排卵を境にして分泌量が変化することもあって、生理前後や期間中で肌コンディションが変化するのは、このホルモンの影響を大きく受けていると言われます。

ホルモン分泌と肌荒れの関係について

妊娠するということは、命を授かるということなのですから、女性の身体自体が今までの状態と全く違った状況になるということです。

妊娠して間もない頃では、あまり肌にも影響は出てきませんが、全体的に妊娠4カ月頃を境に肌の方にも、身体の変化による影響が出始めてくる方が多いようです。

妊娠中の肌荒れと同様に身体に表れる体の変化

妊娠中に表れる体の変化と言えば、妊娠中の便秘、つわり、毛深くなる、抜け毛が見られる、ニキビができる、メラニン色素の変化で乳首の色が濃くなるなどがあります

また、お肌に関連した物では、両頬の部分等にうっすらとしたシミである肝斑(かんぱん)が表れる場合もあります。

妊娠中の体の変化はすべて、一人の命を育てていくうえで、妊婦さんのホルモンバランスが、大きく変化している証拠です。

そのため、安易に素人判断で市販薬を塗ったり、化粧品を突然変えてしまったりすることは、余計に肌荒れを悪化させる可能性もないとは言えません。

妊娠中の肌荒れに:肌に優しく簡単・手軽な保湿ケア化粧品のお試し品ランキング

妊娠4カ月頃から多くなる妊娠中の肌荒れと解消する保湿ケア

妊婦さんそれぞれの体質で個人差はありますが、一般的に妊娠4カ月頃から肌が乾燥しやすい状態になることが多いようです。

しかし、特に妊娠中は「肌荒れ」と一言でで片づけられるものではなく、できれば何もせずに刺激を与えないようにしているのが無難かと思われます。

皮膚というのは、もっとも外側にある臓器の一部として考えられます。

妊娠してから今まで使っていたスキンケア化粧品が肌に合わなくなる、カブれるというのは、おなかの中の赤ちゃんを育てるため、体が防御反応を起こしているということで、まったくの正常な反応ということができます。

妊婦さんがノーメイクに近い肌状態の方が多い理由は、肌トラブルが起きやすいのと同時に、赤ちゃんに害のある物を体が自然に拒絶していると捉えることが肝要かと思われます。

妊娠中の肌荒れ解消・予防で使う保湿化粧品選びは?

そのうえで、敏感肌乾燥肌の肌荒れ解消や予防で、保湿ケアを行ないたい場合は、なるべく刺激のないもの、害のないものを取り入れていきたいものです。

たとえば、有害とされる合成物が原料が添加されていない低刺激のもの、自然原料が主成分になっているものを使うということでも違ってきます。

化粧品に配合されている刺激成分について

妊娠から出産までの期間は、女性にとっては、かけがえのない大仕事の期間なので、妊婦さん自身の体、そして何よりも赤ちゃんの為に一生懸命になっていると思います。

そういった意味でも、身体的にも精神的にも余計な負担を掛けないように、妊娠中の肌荒れに使う保湿ケア化粧品は、肌に優しい物を選ぶのが良いと思います。

まずは、赤ちゃんの成長と妊婦さん自身の健康を第一に優先してください。

妊娠中の肌荒れに:肌に優しく簡単・手軽な保湿ケア化粧品のお試し品ランキング


この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ