生理 肌荒れ






生理中のホルモン分泌と肌荒れの関係について

不規則な生活をしたり、バランスの悪い食事をしていると、肌の調子が悪くなったりします。

ホルモン分泌の肌荒れにも優しい保湿化粧品のお試し品ランキング

しかし、規則正しい生活にバランスの取れた食事なども意識しながら正しいスキンケアも心がけてるのに、急にニキビや吹き出物ができてしまったり、肌が荒れてると感じることがあると思います。

ホルモン分泌の肌荒れ

その原因として、ホルモンバランス関係しているかもしれません。

どんなに正しい生活をしていても、肌荒れが起きる時があります。

それは、ホルモンバランスが崩れている時で、お肌とは切っても切れない関係があるのです。

分泌されるホルモンの種類で肌コンディションが変わる

それに関連して、いつも使ってる化粧品に急に違和感を感じたり、洗顔フォームが顔に合わないと感じるのも、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

ホルモンの分泌バランスは、肌のコンディションを悪くさせる時期と、肌を綺麗にする時期があるのです。

女性には毎月、生理(月経)がありますが、生理がホルモンバランスの崩れに関係していて、お肌を綺麗にするには、このホルモンバランスをうまく利用する必要があります。

まず、生理中に分泌されるホルモンは、大きく二種類に分かれます。

ホルモンバランスと分泌サイクル

卵胞期はエストロゲンという肌を綺麗にする成分が分泌され、この時期は肌がみずみずしく、調子が良い事が多いです。

例えば、いつも利用してる化粧品以外を利用してみたりと、多少いつもと違うことをしても、肌荒が起きることが少ないので、強気の姿勢でいても大丈夫です。

逆に、排卵後から生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる成分が分泌され、肌のコンディションを崩す効果があります。

肌荒れなどで肌の調子が悪いと感じるのは、プロゲステロンが多く分泌されてるからとも言われてます。

そのため、プロゲステロンが多く分泌される時期は、少しでも肌の調子が悪くならないよう、しっかりとスキンケアや規則正しい生活をいつも以上にする必要があります。

最近では、生理前になると精神的に不安定になったりする状態には、PMS(月経前症候群)が影響していることが解明されましたが、それらの症状の中には、急な吹き出物などの肌荒れも含まれています。

ルナリズム

ホルモン分泌で肌荒れが起こりやすい妊娠期間中から出産後

生理期間中以上に、ホルモンバランスが大きく変わるのが、妊娠期間中から出産後です。

妊娠中の肌荒れ

妊娠期間中は、おなかの赤ちゃんを守り妊娠状態を維持するために、子宮の緊縮などの働きをコントロールする目的で、先程のプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します。

そして、妊娠前と分泌量を比較するとプロゲステロン(黄体ホルモン)は臨月間際になると、最大で約20倍近くの量が分泌されます。

そのため、妊娠期間中から出産後しばらくは、ホルモンの分泌されるバランスが妊娠する前の状態に戻って安定するまで、肌荒れが起こりやすくなります。

ホルモン分泌のバランスは、自分自身では、ほとんどコントロールすることはできません。

しかし、生理期間中や妊娠から出産後までの期間に、どんな状態でホルモン分泌されるのかを事前把握しておけば、実際に肌荒れなどが出ても、慌てずに冷静な対応ができると思います。

ホルモン分泌の肌荒れにも優しい保湿化粧品のお試し品ランキング


ホルモン分泌が影響する肌荒れ解消の保湿ケア

妊娠 肌荒れ

妊娠中の肌荒れを解消する保湿ケア

妊娠中の肌荒れを解消する保湿化粧品ケア 妊娠中に肌トラブルが起きてきたり、今までとは違う肌状態になるのは当然のことです。 特に、妊娠中は流産予防として、子宮の緊縮を調整する働きのプロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に分泌 […]
出産後 肌荒れ

出産後の肌荒れを解消する保湿ケア

出産後の肌荒れを解消する保湿ケア 出産後の肌荒れ原因の1つとしては、妊娠期間中に胎内の赤ちゃんをしっかりと育てて、出産という大役をこなした女性の大きな変化が、お肌に表れ出ているといったことがあります。 その場合、妊娠中に […]
この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ