保湿 ヒアルロン酸






保湿成分ヒアルロン酸の保湿効果について

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は、ほうれい線やシワなどの改善目的で、美容皮膚科などでは肌に直接注入(注射)することで、顔のたるみを無くしたい方の利用が増えています。

化粧品業界では、ヒアルロン酸が持つ保水力は1グラムで水6リットル相当の保水力と言われます。

しかし、これだけ保水力がありながら、本当に潤うのは角質表面だけという弱点がありましたが、最新技術で、ヒアルロン酸そのものを縮小して、角質膜を通過させるヒアルロン酸超微粒子(ナノ化)を含む化粧水も販売されてます。

保湿成分ヒアルロン酸の役割と効果

ヒアルロン酸は、人体で各細胞の中に存在していますが、ヒザなど各関節にも存在しており、手足のスムーズな動きができるのもヒアルロン酸の働きによるものです。

手足の曲げなどスムーズな動きができるためにも、しっかりヒアルロン酸が体に存在し正常に機能している必要があります。

赤ちゃんの保湿ヒアルロン酸

また、美肌を表した言葉で『プルプルの赤ちゃん肌』がありますが、赤ちゃんの肌がみずみずしくてハリがあるのは、成人と比べて20倍のヒアルロン酸が、赤ちゃんの体の中に存在しているからです。

しかし、加齢で体内のヒアルロン酸が不足すると、肌の潤いやツヤ、ハリなどがなくなり、シミやシワに発展して、肌のエイジングケアが必要となります。

また、関節痛原因にもなるので、体の機能が正常に機能するためにもサプリメントなどを利用し、定期的にヒアルロン酸を摂取することも大切です。

ヒアルロン酸は保湿ケアよりエイジングケアに含むことが大切

肌のエイジングケアが必要になる30代以降の女性は、アンチェインジングのためにも積極的にヒアルロン酸配合、またはヒアルロン酸の生成を助ける効果のスキンケア化粧品を使うことが大切になってきます。

そして、どのような保湿成分が含まれている化粧品なのかが理解できるようになると、本当に自分の肌に必要な成分の化粧品を選んで使うことが出来ます。

ヒアルロン酸と同様にエイジングケアに効果の高い成分

保湿成分にもさまざまな機能の成分があり、肌の角質層の細胞間にサンドイッチ状にはさんで水分をしっかりキープするセラミド水素添加大豆レシチン・スフィンゴ脂質・ステアリン酸コレステロールなどがあります。

水分を抱え込み、水分を多く含んで角質層にとどまるヒアルロン酸・真皮層にある保湿成分にはコラーゲン・エラスチンです。

水分を吸収して維持する成分に天然保湿因子(NMF)・グリセリンがあり、油分で肌の水分が逃げないようにフタをするものはミネラルオイル・植物油などです。

ヒアルロン酸をはじめとする成分で、アンチェインジングに高価な化粧品を使っても即効果があるということではなく、早い段階(年齢)から毎日コツコツと行うことでエイジングケアは効果があります。

ヒアルロン酸サポートの保湿・エイジングケア化粧品のお試し品リストなど



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ