秋の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア






秋の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア

秋のお肌

夏ダメージが蓄積した秋のお肌は1年の中で最も疲れが出やすいといえます。

夏の強い紫外線やエアコンの激しい乾燥でハリを失い、たるみやシワが表面化しやすいのが、秋のお肌で、このように夏の疲れが原因で全体的な肌コンディションが低下する状態は「秋の落ち込み肌」とも言われています。

エアコンの乾燥によるお肌のダメージ

実際、身体全体が疲れてる状態で摂取した栄養は体内の器官に優先的に使われ、なかなかお肌まで届きません。

本来、お肌にも栄養が必要ですが、生命を維持するために後回しになってしまうのです。

そのため、秋は丁寧な保湿ケアと同時に、バランスの取れた食生活をより強く意識することも重要になってきます。

夏の疲れが溜まったお肌を優しく労わる秋の保湿化粧品ケア

蒸しタオルケア

夏の疲れでゴワつきを感じるお肌のケアには、水洗顔と蒸しタオルパックがおすすめです。

ターンオーバーが乱れ古くなった角質が溜まってると、肌はゴワついて固くなり、後で使う保湿化粧品の浸透が悪くなってしまいます。

そして、洗顔は少し多めの洗顔料をしっかり泡立てて、こすらず手早く洗い上げます。

また、夏場と比べてみて皮脂の分泌量が減ってきたら『少し冷たいかな?』と感じる程の水を使うことで、肌に必要な潤いまで取り去ることなく、スッキリと洗うことができます。

洗顔後は、レンジで作った蒸しタオルで肌を覆いますが、タオルが熱すぎると逆効果なので、手の平でパタパタと冷まして温度を調節してから顔に乗せましょう。

顔を温めることで、お肌全体のリンパや血行が良くなり、蒸気でお肌がふっくらします。

そして、蒸しタオルで温めた後は、時間をおかずにローションで保水を行います。

夏の間さっぱりタイプの化粧品を使ってた方も秋の気配を感じたら、早めにしっとりタイプに切り替えるようにしてください。

30秒で確認できる目的・肌質別オススメの保湿化粧品(お試し品)診断

保湿成分を全体に

また、手の平で顔を包み込むように、何度もかけてお肌の隅々にまで保湿成分を行き渡らせ、栄養を補うために、自分の肌悩みに特化した美容液をプラスするのもおすすめです。

それから乳液で保湿を行い、乾燥しやすい部分にはクリームを重ねるようにしてください。

保湿化粧品をそのまま使うだけでなく、このような下準備を整えての保湿ケアなら、さらなる効果を高めることにも繋がります。

夏の厳しい陽射しや気温で溜まった肌疲れを秋でシッカリとフォローし潤った肌で本格的な乾燥シーズンである冬を力強く乗り切れるようにしましょう。

また、お肌のケアに手を掛けられる余裕があるようであれば、春から夏の間で紫外線を浴びて肌内で作られてしまったシミやくすみを引き起こすメラニン色素に対する美白ケアを実践するのも良いと思います。

夏から秋にかけての美白ケアについて(別サイト)



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ