夏の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア






夏の乾燥肌・敏感肌対策の保湿化粧品ケア

夏の紫外線

夏のスキンケアと言えば、とりあえず『美白ケア』というイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

1年を通じて最も紫外線が強く、日焼けしやすいシーズンである夏は、美白と名前のつくコスメがとにかく売れやすくなります。

そのため、各ブランドからも美白コスメがたくさん発売されますが、紫外線が影響を及ぼすのはシミやくすみだけではありません。

一般の方にとって意外と盲点なのが、空気の乾燥よりも紫外線による乾燥の方が、お肌に与える影響が大きいということです。

また、初夏(梅雨)頃からは湿度も高くなるので、夏はお肌の乾燥が少ないと思われがちです。

しかし、夏の夕方に鏡をのぞくとテカってるのにシワっぽかったり、自分の顔が地下鉄の窓に映るのを見てゾッとした経験のある方も、少なくないのではないでしょうか。

美白対策にばかり気を取られていると、お肌の乾燥対策がおろそかになり、気が付いた時には深刻なシワやたるみがお肌に残っているという事態になってしまうのです。

また、日中の暑い屋外からエアコン(冷房)の効いた部屋に戻ると、急に身体が冷えてしまう冷房病という言葉があるように、お肌へのダメージにもなってしまうので注意が必要です。

エアコンの冷暖房による肌ダメージと保湿ケア

肌のテカリも防ぐ夏の保湿化粧品ケア

もちろん、紫外線からお肌を守るため日焼け止めをしっかりと塗るUVケアも重要なのですが、その前に保湿化粧品で、きちんと保湿ケアをしてください。

本当に潤っているお肌なら、夏特有の激しいメイク崩れが起こることはなく、紫外線の影響も最小限に留めることができます。

また、夏に日光を浴びるとピリピリするという敏感肌の方も、潤って肌表面の角質層の並びが整うことで、お肌を守るバリア機能も整ってきます。

肌の赤みやピリピリを防ぐバリア機能

夏は暑さの影響で、全体的に皮脂や汗の分泌量が増えて、Tゾーンもテカりやすくなるので、ついついさっぱりタイプの保湿化粧品で、簡単にスキンケアを済ませることが多くなります。

しかし、お肌にテカりを感じるのは、内側が乾燥するインナードライ状態のサインなのです。

Tゾーンテカリやインナードライ肌の正体と改善法

無理をして使用感の重い保湿化粧品を選ぶ必要はありませんが、さっぱりタイプを使っても、冬場と同じように丁寧に、お肌の内側に水分を届けるスキンケアを心がけましょう。

夏の保湿ケアでターンオーバーを促進してメラニンも排出

夏でもしっかりと保湿ケアを行なうことは、お肌の底力を失わない為にもとても重要です。

どんなに効果の高い美白化粧品を使った美白ケアを実行しても、肌本来の持つ力が弱ければ、美白効果の高い成分も、充分に効果を発揮することができません。

また、お肌がしっかりと保湿されて潤いが満ちてれば、肌の新陳代謝であるターンオーバーもスムーズに行われます。

ターンオーバーサイクルが整うと、シミやくすみなどを引き起こすメラニン色素を含んでいる古い細胞が速やかに排出され、将来、肌トラブルが起こるリスクを減らすことにもなります。

エイジングケアに重要な肌のターンオーバー

夏のスキンケアは、美白化粧品ケアも効果的なのですが、それ以上に乾燥肌や敏感肌の方は、UV対策と同時に乾燥対策も重要であることを覚えておきましょう。

乾燥肌や敏感肌での美白ケアのポイント(別サイト)



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ