保湿ケアやエイジングケアに良い生活習慣 | 敏感肌・乾燥肌・インナードライ肌に負けない保湿化粧品の保湿ケア






保湿ケアやエイジングケアに良い生活習慣

お肌のコンディション

毎日の生活習慣の積み重ねが将来の肌コンディションを良い方向にも悪い方向にも結果となって表れます。

たとえば、冬になると肌の乾燥を強く感じることが多くなりますが、それは気温の低下や空気が乾燥するからというだけではありません。

保湿ケアやエイジングケアを季節に合わせる重要性

美容関係者の間で常識になりつつあるのが、夏の暑さがお肌の乾燥を呼ぶという話です。

例年の猛暑により肌の内側から脱水気味(インナードライ)になり、エアコンの効いた環境で長時間過ごすことでお肌のバリアが壊れているのです。

その状態のまま秋を迎え、不安定な気候でお肌の状態も揺らぎ、乾いた冬を迎えます。

冬の乾燥肌を防ぐには、小まめに水分を摂って脱水を防ぐ、エアコンに頼りすぎないといった夏の間からの対策が必要になってきます。

エアコンの冷暖房による乾燥肌ダメージと保湿ケア

また、女性に多い悩みの1つに便秘がありますが、たとえば無理なダイエットが原因で便秘になると、腸内環境が悪くなる影響で肌のコンディションも低下するので、便秘の方はおなかに優しい即効な解消法で改善してください。

慢性便秘が原因となる美容面の悪影響(別サイト)

このように、肌コンディションの根本部分を大きく左右するのは、季節などの外的要因以上に自分自身の生活習慣や身を置く環境などの積み重ねが影響します。

ここでは、将来の肌コンディションを良い方向にする為に、普段の生活習慣に取り入れられる内容を紹介しています。

良質な睡眠でターンオーバーを整える

シミやシワなどのエイジングサインや保湿ケアには、お肌の新陳代謝であるターンオーバーを整えるのが有効です。

睡眠

そして、お肌のターンオーバーを整える一番の近道が、良質な睡眠です。

しかし、仕事などで忙しい毎日の中では長い睡眠時間をきっちりと確保するのは難しいと言えるでしょう。

短い時間でも効率的に良質な睡眠を取るにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、毎日のリズム(体内時計)を整えるため、毎朝、同じ時間に起きて朝日を浴びるようにしてください。

人間は朝日を浴びた後、14~16時間経つとメラトニンという自然な眠りを誘発するホルモンが分泌されて眠りに入りやすくなり、そのためには、夜寝る時間をそろえるより、朝同じ時間に起きるようにするようが簡単に睡眠時間を整えられると言われています。

しかし、お仕事の都合などで、どうしても起きる時間や寝る時間がバラバラになる場合には、成長ホルモンの分泌が促進される最初の3時間で、深い睡眠を得られるようにしましょう。

また、女性に悩みを抱える方が多く、肌荒れなど美容の大敵である慢性的な便秘の解消にも、大腸に排便させる働きを促がす副交感神経を活発にしたり、便秘原因となる精神的ストレスの発散にも良質の睡眠を得ることが有効です。

慢性便秘とストレスの関連(別サイト)

就寝前のストレッチとお肌に優しい入浴も

ストレッチ

また、お休み前に軽いストレッチなどを行って筋肉をほぐしておくと血行が良くなり、足先が冷えて眠れないという状況を予防できます。

そして、身体のリラックスや代謝アップ効果があるのは入浴ですが、お肌の為にはいくつか注意するポイントがあります。

まず、身体を洗う時にゴシゴシこすると、肌の角質層を削り取ったり傷めることになるので絶対にNGです。

しっかりと泡だてた石鹸を、優しく撫でるようにして洗い上げていきましょう。

また、あまり長く湯船に浸かりすぎるとお肌の皮脂が失われ、余計に乾燥してしまうので、普段から乾燥肌気味の方なら、風呂上りに身体の水分蒸発が始まる前(5分以内)に保湿ケアを行なってください。

乾燥肌改善に効果的な保湿化粧品や保湿ケア

このように、普段、何気なくこなしてる生活習慣も、これらを取り入れた毎日の積み重ねが、保湿ケアやエイジングケアの効果を高めていくのです。



この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ