乾燥肌や脂性肌に表れる大人ニキビの改善






乾燥肌や脂性肌に表れる大人ニキビの改善

大人ニキビ

最近、20代を過ぎてからニキビに悩まされる女性が多くなっています。

大人になってからできるニキビは思春期ニキビと違い、治りが遅く同じ場所に繰り返しできるのが特徴です。

思春期のニキビは過剰に分泌される皮脂が原因ですが、大人ニキビの場合では、お肌の乾燥が原因となっていることがほとんどです。

そのため、皮脂を取り去るだけのケアで乾燥ニキビを治すことはできないので、10代の頃とは違ったアプローチが必要になってきます。

また、わたし達の肌は、気温や湿度が変化する季節の影響を大きく受けますが、大人ニキビが表面化されている方は、その日によって気温や湿度が大きく変化する季節の変わり目でお肌が揺らぐ方が多いのですが、大人ニキビがなかなか改善されない方などは、その季節に合わせた保湿ケアに調整することも大切です。

保湿ケアやエイジングケアを季節に合わせる重要性

大人のニキビ原因にある大きな勘違い

よく、お肌の質で勘違いされるのが、乾燥肌の反対が脂性肌(オイリー肌)だと思われているケースです。

朝したメイクをお昼に直す時などTゾーンがテカっていることが多いので、自分は脂性肌だと思っている人はいませんか?

Tゾーンも含めて、お肌のテカりは潤いではありません。

そして、肌表面が潤わずに乾燥していると角質層のキメが乱れてしまい、お肌のバリア効果が下がって、外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

お肌の赤みやピリピリを防ぐバリア機能

そのような危険を察知すると身体を守る自己防衛本能として、お肌にとって必要以上の皮脂を分泌させ、脂性肌に傾いてしまい、さらに、過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まったり、空気に触れて酸化したり、アクネ菌が発生することなどが大人ニキビの原因となります。

逆に、お肌にテカりやベタつかずに、カサカサしてるのに大人ニキビができる方もいますが、これは、お肌が乾燥を感じた時のもう1つの自己防衛反応で、表面の角質層を厚くさせます。

そして、外界の刺激から守るため角質層が分厚くなると、古い角層を身体の垢(アカ)として押し出して新しい角層に変える、お肌のターンオーバー周期が乱れます。

保湿とエイジングに欠かせないお肌のターンオーバー

その結果、角質が毛穴を塞ぎ外に出られない皮脂が炎症を起こして乾燥ニキビになります。

大人ニキビは保湿ケアで根本原因を改善

乾燥肌と脂性肌のどちらのニキビも、お肌の内側を潤す保湿ケアで改善することができます。

脂性肌の改善に効果的な保湿化粧品や保湿ケア

お肌を清潔な状態に保つのは重要ですが、逆に、必要な潤いまで取り去らない洗顔料を選び、丁寧に洗いましょう。

スキンケアをする女性

洗顔後には、減ってしまった潤いを補給するためにも、保水力の高いローションでしっかりと潤いを届けてください。

すでにニキビが出来ているお肌には、コットンは刺激にもなるので、両手の平で包み込むように何度もローションを行き渡らせましょう。

そして、仕上げとして化粧水の後は、ミルクかクリームでしっかりとフタをして潤いを逃さないようにしてください。

このように、乾燥肌や脂性肌で発生する大人ニキビ改善のためには、まず最初に、根本原因となってるお肌に保湿が足りない状態を改善をするようにしてください。

また、このような大人ニキビの改善と同時に乾燥肌や敏感肌など肌コンディションの根本部分を改善する効果が高いスキンケア化粧品として、ラ・ミューテという製品注目されています。

大人ニキビや肌コンディションの改善に効果の高い成分、パラベンなど肌への刺激成分が無配合という点では、他の製品と同様です。

しかし、ラ・ミューテが他の大人ニキビ改善の化粧品と大きく異なる点は、女性の肌コンディションを大きく左右する、女性ホルモンの分泌バランスまで視野に入れている点です。

ホルモン分泌と肌荒れの関係について

そのため、これまで大人ニキビを改善するために色々なスキンケア化粧品を試されてみても、イマイチ効果を実感されなかった方は、女性ホルモンという新しいアプローチと、180日間の返金保証にも対応したラ・ミューテを試されてみてはいかがでしょうか?

この内容がお役に立ちましたらソーシャルメディアで共有願います。
保湿化粧品 診断

    サイト内保湿ケア・化粧品検索



今月の閲覧者の多いコンテンツ